フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありゃーまぁ~~という話し。

今週の火曜日の事です。
フィリピン人の友人で仕事仲間の エンジニア-R が、一緒に客の工場に行こう、と言いますので、付いて行きました。

成形工場です。
R の部下達が成形機の修理を終えたところでした。
部下達と私は数年来の知り合いです。
「どうだい、うまくいったかい?」
「ハイ、大丈夫、おわったところですよ」
「じゃあ、試運転だ、やってみよう」
ということで、試運転成功、その夜から生産再開となりました。

Rに、
「なんの問題だったんだ?そんなに壊れていたようには見えないが?」
「原因は、ソレノイド・バルブが一個壊れていただけなんだ、ところが馬鹿みたいなことがあって、、、」
聞きましたら、数が月前に機械がこわれた(射出スクリューが回らなくなった)

直ぐにある修理屋を呼んだら、
ソレノイドだ、電線だ、と言って、電線外して持って帰って、それっきり現れない。

次の修理屋を呼んだら、
<バルブの問題だ>と言って、バルブを持って帰って、これまた現れない。

第三の会社、
バルブじゃない、制御基板だ! と叫んで、配線外して、これも現れない。

機械はバラバラ。この三社には手付金を支払済!。

社長さんは怒るよりも呆れ返って口も開かない。
設備担当者は社長の前にでられない。

そうこうしているうちに R に声が掛かったのです。
成形機を見た R と部下たちは、その場で、コレをああして、アレはこうして、、と段取り完了。
設備担当者に説明して、
「明日から始める、手付は要らぬ、その代わり生産できたら即刻払ってくれ」
社長ほか一同承知しました。そこで修理開始したのが先週でした。

持ち去られたバルブの代替えは遊休設備から外して充当。
配線は注意深く復旧して、一箇所ずつ動作確認。
ポンプ回った、油圧が立った、ヒーター昇温した、手動でスクリューとシリンダーが動いた。
ままよと、自動運転したら、動いた、製品出来た。
やってみると、油圧シリンダがチョットおかしい、ギクシャクしてる。それでは、というのでパッキンを変えたり、磨いたり、ほぼ完全!?になりました。

R と部下たちはやるべき事を当たり前にやっただけなんです。
翌日、一日、立会で確認運転しました。無事生産しています。
社長さんは、ニンマリ、担当者は社長の顔を直視できる。
もっと喜んだのは、社長の奥さんでした。経理担当の彼女は、機械が壊れたので、外注支払が増えて頭を抱えていました。
社長は、私に奥さんを紹介するときに、<コレは私のボスです> と言ってました!!。
さらに、奥さんは R の請求書を見て
「ハ? アレ? なんで?」
出来ない三社に払った手付総額より安いのです。
R は
「バルブはお客さんの遊休品、買ったのは油圧シールだけ、設計もしてないし、またのお付き合いを!」


日本の皆さんは、
<たったバルブ一個の問題がナンでそうなるんだ?>
とお考えだと思います。

まったくそんとおりなんです。たった一個です。ところが、、、、なんですね。
目利きが少ない、いないのです。知ったかぶりはタクサンいます。

多いに考えさせられる一件でした。ともかく生産再開して良かった、ヨカッタ。


is130gn.gif

この写真は記事には無関係です。射出成形機の外観例としてのせます。


なお、壊れていた成形機は、原型は三菱重工さんの直圧1000トン機らしいのです。これが中古で台湾に渡って、おそらく壊れていたであろう油圧サーボなどを取り外して手動設定に変更、操作盤を中国語に作り替えて、翻訳変更の難しい文言は日本語や英語のままで、フィリピンに持ち込んだようです。逞しいですね。


.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン




の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


.
スポンサーサイト

マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。