フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルトとナット

殆ど笑い話です。20年ほど前のことです。

当地の言葉では、ボルトはトルネリオと申します。
じゃぁナットはなんと言うんだ? と訊きました。
答えは一言、、、「トルネリオ」 なのです。

形が違うんだ、違う名前があるだろう? 食い下がりました。
「はい、でも働きが一緒だから、、、締める働きだから、、、」
相手は困った顔になってきます。

 その後、何回もコレを話題にしていますが、いまだに雄ねじと雌ねじの区別は???なのです。仕事では、英語で ボルト ナット と話しますからなんの支障もありません。


 名前はともかく、ねじ類は大切な基本資材です。当地ではネジはインチ規格が基本です。ここでよく起きる問題は、


10mmのボルトを買ってこいと行かせたら、3/8インチを持って帰ってきた。
「ナンダ、これは10mmじゃないぞ。」
「あのォ~~店屋が同じ寸法だからこれで良いと言ったんですョ~~」
買出し係のお兄ちゃんは半分泣き顔です。
ミリ寸法のネジを在庫している金物屋はほとんどありません。売れないからです。


長さ60mmのボルトを買ってこい、、、3インチ(75mm)を買ってきました。
「ナンダ! 長い!」
「2インチじゃ短いから3インチと言われました。」
「そうだけど、15mmも飛び出すじゃないか!」
「切って使えと言ってました。でも15mm出ても締まります。」
そう言われて、頭の中はアタフタしてます。そうだよなァ、、確かに締まるよ。
現場近くの金物屋には、長さは1インチ刻みでボルトを在庫しています。それだけなのです。



 じゃァ、どうするんだ? ミリとインチの混在は出来ないし、不揃い飛び出しも嫌だ、、、、
私は、どうしても要ると判断したら、ビノンド(中華街)のネジ屋へ、自ら出向きます。それもたった一軒の卸屋さんです。ここには、機械設備、建築、化粧用ネジ類等々、揃っています。
ルソン島全体へ卸しています。ここに無ければまず入手出来ないと思わなければなりません。購入と判断のために出向くのです。 

 普通の機械工場や建築会社の買出し係はこのネジ卸屋さんを知りません。しかし、会社が付き合っている金物屋では入手出来ないものもあります。そこをナンとかしてしまうのが仕事です。


 
.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スポンサーサイト

三相と単相

 ちょっと専門的なことですが、フィリピンの町工場に行きますと、これに遭遇して、呆れたり、感心したり、またまた逆上したり、、、、します。

 ここの町工場は、三相の電力(普通に言う動力用の電気)を引き込んでないところが多いのです。契約料が高い、設備代高い、その前に工場の近くに三相が配電されてないのです。 なんでソンナとこに工場作るんだ? と思われるでしょう。それは三相が来ているような場所は、なにかと経費が高いのです。 そこで、単相(家庭の電灯や家電製品用の電気)だけの住宅地の外れに工場を作って一稼ぎ、儲けて引越し、これがここの経営者のお考えなのです。

 じゃぁ、、動力機械はどうするんだ? 単相じゃ動かないのに、、、
そこで下の回路の出番です。 実際に、モーターとコンデンサを使って、第三番目をでっち上げるのです。モドキ三相を作るのです。

 私も初めて見たときは ナニガナンダカ ワカラナイ 状態でした。でも5馬力もある機械が動いて加工してます。ナニナニ???と思ってよく見たり聞いたりすると、アアなるほど、、ナカナカやるわい、と感心しました。確かに完全な三相は出てきません。でも加工が出来るのだから良いでしょう。
 これを見て、こんないい加減な事やってる工場は駄目だ、と言って立ち去った方がおられました。でもその工場はシッカリ業績を伸ばして、三相を引ける工業団地へ引越しできたのです。

 残念ですが、このやり方はフィリピン人の発案ではありません。アメリカの電気教科書に掲載されています。代替案としてやっても良いことなのです。奇異に見えることでも効果があれば取り上げたほうがよいですね。

 なお、日本の会社が工場を作るような工業団地には、間違いなく三相電力が配電されています。そこで、皆さんはこんなモノを目撃されることはないと思えます。ご参考に紹介しました。



CapD20100529_1.jpeg



.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

突然、驚き、感謝、

 昨夜、午後10時過ぎ、携帯電話が鳴りました。知らない番号です。 ハテ、今頃なんだ? お客さんの工場トラブルなら知った番号でくるはずだが? ともかく返事をしました。

すると、日本で、私と同じような機械の仕事をしている知人です。 

「エッ~~  どうしたの? どこにいますか?」
「ラグナに居る。 いまからそちらへ向かう、運転手に道順を教えてくれ~~」

車中からの電話で、すでにお酒を飲んでいるようすです。
道を説明して、待ち合わせ場所へ急ぎます。ややあって到着しました。我が部屋まで案内します。
実はこの方、インターネット経由の知人で、毎日のようにSKYPEで話しています。 この数カ月、多大なお世話になったり、ご迷惑を掛けたりしています。でも直接の面談は昨夜が初めてなのです。 

 ともかく挨拶をして事情を聞きました。

「飛行機のチケットは取ってあった。仕事に時間が出来たので一昨日飛び出して、まずビコールへ行った。今朝戻ってラグナのお客をたづねて夕食・お酒となった。明後日、日曜に日本へ戻る。」

コレで分かりました。予定がハッキリわからないので、私に知らせなかった。お客さんのところから戻る道筋に私が住んでるから連絡した。こういう経緯です。

 でも、驚きです。嬉しいです。まさか会えるとは思ってもいませんでした。会えても7月くらいじゃないかと思っていたからです。 そして、お客さんとの付き合いで疲れているのに、訪ねていただいて多いに感謝です。
これからも協力していきます。ご迷惑かけていることを片付けます。
よろしくお願いします。


.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

視野

フィリピンで仕事をしますと、フィリピンの人と一緒に働きます。
そこでフィリピンの人の特性を理解したいのです。

視野:
今日は、視野です。

 視野は、狭いのです。  左へ30度、右へ30度、合わせて60度 じゃないかな? という人がタクサンいます。

 私たち日本人ですと、左右それぞれ95度くらいは見える、注意の範囲に入ってる、と思えます。しかし当地の方々は左右が見えません。理由は分かりませんが、よく起きることは、横顔を見ていても一向に気づかない、呆れて肩を指で突っついてみる、すると

「ギャー、、驚かさないでください!!」

言いながら左胸に手を当てています。動悸ドキドキになっているのです。本当に吃驚しています。

 もう一つ、当地の人は、真っ直ぐにモノをつくれない、これもよく言われます。実際によく曲がっています。いい加減だ、駄目だ、なんでソンナことに気づかないのだ、、と言われます。 でもこれは視野に関係あるのじゃないかな?と思っています。気づかないのじゃなくて、見えてないのではないかなと思うことがあります。

 視野が狭い、余分なモノは見えない。集中できる。という事なのかもしれません。しかし反面、文字どうり視野が狭い、すなわち頭が固い、という人にもショッチュウ遭遇します。 物理的な視野と俗に言う石頭は関係があるのでしょうか? このような調査結果はどこにもないと思えますが、当地におりますと嫌でも経験することなのです。

.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

視力

フィリピンで仕事をしますと、フィリピンの人と一緒に働きます。
そこでフィリピンの人の特性を理解したいのです。

視力:
これは良いです。もちろん近眼の人はいます。が、押し並べて皆んな視力は良いです。

 こんな実例です。ある会社で、ハンダ付け後のプリント基板の目視検査をする事になった。
サンプルや限度見本、作業指図書を準備して、日本人技術者が女性検査員に指示説明、練習の後、検査が始まりました。

見本をもとに 良品 不良品 を仕分けていきます。暫くして検査員が
「スミマセン、これはドウですか? ここに他のモノと違う引き傷がありますが?」
日本人技術者が見ても見えません。
「傷!? ないでしょ!」
「いえ、私には見えます。」
やむなくルーペで見たら、アッた~~~!!確かにありました。
「君、これが肉眼で見えるのか?」
「ハイ、見えますよ、ここにも、ハンダの影にもっと小さな穴みたいのがありますよ・・・・」
「ウヒャ~~~凄いや、顕微鏡いらないよ!凄い視力だ!」

せっかく見つけてくれたので、その傷や小さな穴の原因を調べて対策しました。
他の検査員からも次々にいろんな指摘があります。次々に対策しました。
当然のこと、出荷品質は向上します。ヨカッタ、良かった、なのです。

何故?そんなに視力が良いの? 
これは、決して差別発言ではありません。それをお断りして、、、、
彼女らが育った環境でしょう。彼女ら若い女性は電気照明のある環境で育っています。しかし、彼女らの両親世代は電気のない環境で育ち暮らした人々が多いのです。当然のこと視力が優れていないと、暮らしの中で危険を回避できなかったのです。いわばDNAに高視力が刻みつけられているのでしょう。


 この例は、約20年前の話しです。最近は電子機器の寸法が小さくなって、いくら高視力でも肉眼目視では間に合わなくなってきました。でも、検査工程だけをフィリピンで行うために、工場を作られて、クリーン・ルームを作ったお客さんがおられます。加工はシンガポールで検査はフィリピンだそうです。
 
「何故でしょうか?わざわざ運賃をかけて?」
とお尋ねしましたら
「フィリピンは検出率が高い、というかヌケが少ないのです。検査結果安心。」
とのお答えでした。

 これは、文言で説明しにくいのですが、なんとなく分かります。ここで暮らしていると分かります。ここの人は、特に女性は、ナニカに集中したときには、感度がタイヘンに上がるのです。理由はワカリマセン、、、が ある意味神懸り的になってしまうのです。このお客さんはこの点を見抜いたようですね。

CapD20100523.jpeg

 フィリピンでもこのようなモノが活躍してます。 もう肉眼じゃないですね。 当地で多いのは、アメリカのボシュロム、そしてツアイスです。 為替の関係で買い易いものを買いますから。憧れのツアイスを100台も並べて検査中!戦慄、大袈裟ですが、アリャ~~と思いました。


うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


.

初訪問、即引き合い、感謝。

 昨日はアメリカ系の半導体工場を訪問しました。
自動車に使う半導体、特にGPSタッチパネル制御用半導体などを生産しています。

 知人のフィリピン人商社経営者が、この工場の注文係を知っているというので、一緒に行ってみました。
 お陰さまで、運良く、即刻引き合いとなりました、すでに見積作業を初めています。始めての訪問で引き合いに巡りあえて嬉しいことです。

 内容は、日本製のポンプです。このメーカーの名前を掲げた代理店が当地にありますが、最近は在庫を持っていないようなので、こちらに引き合いが舞い込んだのです。在庫を持たない訳は、円の価値が上がったので、多くのペソを支払わないと日本製品を仕入できない!?、、、というような事が、余所から聞こえてきています。本当でしょうか? ナルホドとは思いますが、何だソリャ、とも思いますね。


lk_cnct.jpg

このポンプです。この数年たいへんお世話になっております。
これからもよろしくお願いします。



うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


.

単位

 日本では、計量法という法律の定めがありますから、メートル キログラム リットル という単位を使います。フィート や ポンド 、 ガロン は使いません、使ってはイケマセン。

 ところが、世界は広いのです。インチ フィート ポンド がまかり通っています。 実際に現場で、初めてこれに遭遇すると、目が回ってひっくり返ったような感触に見舞われます。私の場合は、高さ10mのタンクの上で、突如メートル法とヤード・ポンド法の換算が始まりました。片付けないと炎天下のタンクの上から降りられない。まあ、なんとかダマぐらかして降りてはきましたが。


インチの考え方、ある意味これは便利なのです。

寸法はインチ(25.4mm)でどうだ?

いやいや 大きいな、、、

そうか、じゃ 半インチ じゃどうだ?

そりゃ 小さすぎるわ、、、、

じゃ、3/4じゃどうだい? ここらで間に合うだろう。

ヨシ、それでイイよ。

 こんな会話、即ち感覚なんですね。もちろんこれでは精密機械はできません。しかし大工仕事や鉄工仕事ですと、ある意味合理的なのです。おそらく、寸法別に材料を在庫するときにも便利だと思えます。

 ここでインチを表すときに、1.5インチ や 1.25インチ という場合があります。デシマルと言います。でもですね、これは 味がありませんね。これは ワン・ハーフ や ワン・クオータ でないと雰囲気がでません。

 また 7/8 や 9/16 と口にして、その実寸法が頭に浮かぶ、一瞬でmmとの換算をやってのける、こりゃ頭のヨイ人ですよ。  フィリピン人はこういう人がいます、少しだけこう言いたいです。なぜこんなことが必要かと言いますと、インチの材料を買って、ミリの図面の品を作るからです。

 このインチにポンドが引っ掛かり、PSI というのがあります。ポンド・スケヤ・インチ 1平方インチあたりに加わる力(厳密には違いますが)すなわち圧力です。
また GPM ガロン・パー・ミニッツ 1分間あたり何ガロン流れるか、、

 そこで、当地におりますと、インチ ミリ フィート ポンド キログラム メガ・パスカル ガロン その他諸々、、、これらの換算がピンと来ないと配管工事はできない、間違うと材料の損がでる。こういうことです。

 なお、メートル法は メトリック と言います。 インチは インペリアル(即ち英国制です)いまだに大英帝国です。

下の表はなかなかよくできた換算表です。
コレを使って厚さ10mmの鉄板を求めるときは、25/64です。が買いに行くとこんなモノは在庫がないので 13/32 を持たされます。そして、よく言いつけておかないと、7/16を押し付けられて帰ってきます。



インチ換算m_dec


なお、40インチ!! というとグラマーな女性をあらわす表現です。
上の表で換算してみてください。

ヤード・ポンド法、インペリアルには、色々な話しがあります。これはまた改めて。


.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


チェーンの値段。

 もう8年ほど前のことです。当地、ラグナ・テクノパークにある日本のH技研当地工場よりお声がかかり、組み立てコンベアが50mなので増産には長さ不足、取り払って100mにしたいとの事でした。

 当時付き合っていたフィリピン人経営会社の専務と一緒に伺いました。専務はフィリピン人注文係の顔色を窺って、ひたすら平身低頭。
難しい話は、私とH社の日本人で決めてくれ、と専務の顔に書いてあります。日本人お客さんは、
「やることはハッキリしている、現地人に任してあるから適宜決めて頂いて良い、細かな相談は不要。」
と、仰います。いかにもH社らしいお言葉でした。

 困ったのは専務です。この人は全フィリピン人を代表するような人です。内向きには度胸充分、外向き平身低頭、技術知識???、知ったかぶり希望、こんな感じです。

「任すと言われたけど、誰が決めて、誰が実行するんだ、H社のおニーちゃん達は何も知らないぞ!」

殆ど泣き顔でした。 私が、

「まあ、いいから現行コンベアの図面貰ってきなよ、あとはなんとかするから」

 古い図面が来ました。当地に新品コンベアを据え付けたのでなく、日本からの移設でした。原型があれば安心です。1週間ほどで現場に合わせた新図面を作って、部品の数を出して、長さが伸びたからモーターや減速機も二回り大きくして、見積完了しました。部品は全部日本製です。住友重工さんの減速機、椿本さんのチェーン、お決まり、無理無し、間違いなし路線です。

見積を持ってH社に伺いました。すると専務と注文係が深刻な顔で話してます。

「韓国の商社が、日本人に韓国製チェーンを売り込んできた。差額は***だ。コストダウンしろと日ごろ言われてるから、困ったな。日本人のエライさんに返事しなきゃならない。どうしよう?」

 実は私は、椿本さんのチェーンと並行して韓国産チェーンも検討していました。また、他の日系工場で椿本さんのチェーンがどのように痛んでいくか?も調べてありました。そして、何事か異常が起きたとき強い荷重がかかる、椿本さんのチェーンでも悪条件が重なると破断することもあった。従って、往復200mで動作を完全に推測できないこの場合は、実績ある椿本さんだ。これが結論でした。

そこで、注文係さんに、

「ところで、アンタの工場から出る車の粗利は、1台xxxxペソくらいだろ、差額の***ペソは10台分の粗利だぞ、10台分で安全を買うと日本人に言ってごらん。」

彼は、その日の夕刻、自分の考えだと言いながら、日本人にコレを伝えたそうです。そして多いに誉められた。
翌日、注文書が来ました。
その後約2ヶ月で設置工事完了。このコンベアはいまでも稼働中です。

 なお、この話しは、韓国製チェーンを否定するのではないのです。長さが倍になってもチェーンの番手を上げられない事情がありました。駆動力は上げねば動きません。ということは、最悪は異常な力で引かれる、その異常の程度がワカラナイ。では、シッカリとしたデータを頂けて相談出来る椿本さんにしよう、こういう結論です。当地の人にはこんな判断は難しいようですね。


top_race2009hfdp0405.jpg


最近はお空だそうです。


i_3.jpg




.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン




の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


.

独り言。



私はフィリピンにいます。

 今、私がいる場所から半径2km以内に日本人はいないでしょう。団地のなかの反対側にお一人お住まいとは存じています。もっとも近いスーパーマーケットに行っても日本人には遭遇しません。

 生活様式が違うんだ、考えがちがうんだ、と言い張っても、多数決なら受け入れて頂けない状態。周囲の意向にあわせる状態。郷に入ったから郷に従う状態なのです。 と、申しましても悲観したり、諦めたり、腹を立てているのではありません。

 自ら進んでここに来ました。誰にも指図されず、まったく自分の意思でここに来ました。住み着いた後は予想に反することばかりがおきました。
 あの人がこうだったから、そんなことしてくれなければ、こんな事には、、アノその、、、、言いたいことは太平洋にイッパイくらいあります。 が、何故そうなった? 答えは自分なんですね。自分が思い描いたような生き様になってしまうのです。それが浮世ですよ。

 私はここで郷に従う状態なのです。でもですよ、日本にいたとしても郷に従うことには違いはないと、この頃つくづく思っています。

 それならば、郷のなかでどう愉しく生きるか? それを思い描けばよいのじゃないか!! すでに、悲観も、諦めも、立腹も、、してないのだから。 
怒ったり、意地を張ったりしても、それは生きる知恵じゃないでしょう。その時の一刻の満足でしょう。 

 それよりも、今、ここに、やるべき事があったら、一生懸命それを片付ければ良いじゃないですか。目先に悲しんだり、疑いも持ったり、怪しんだり、ソンナことしてる暇があったら、やるべき事をサッサと片付ければ、すぐにお次が来ますよ。またそれを片付けば良いです。
 そして、そのやるべき事を思い描くのですね。私はこんな事がヤリたい、やったらこうなる、こうなれる。それを、最後の目的を、思い描きながら、次々と目先の課題を片付ける。その繰り返し、繰り返し。

 ここまできました。皆さん、私に片付けるべき課題を太平洋に一杯でもニ杯でも与えてください。これは仕事だけじゃないでしょうね。 
 色々なこと、生きるについてのなんでもかんでも、タクサン山ほど頂ければ、そのなかで私の得意なことをサッサと片付けましょう。 
 私は、コレ を片付け、アチラの方は、アレ を片付け、丸く収まります。浮世は持ちつ持たれつで、突っ付き合いじゃアリマセンよ。

 





ありゃーまぁ~~という話し。

今週の火曜日の事です。
フィリピン人の友人で仕事仲間の エンジニア-R が、一緒に客の工場に行こう、と言いますので、付いて行きました。

成形工場です。
R の部下達が成形機の修理を終えたところでした。
部下達と私は数年来の知り合いです。
「どうだい、うまくいったかい?」
「ハイ、大丈夫、おわったところですよ」
「じゃあ、試運転だ、やってみよう」
ということで、試運転成功、その夜から生産再開となりました。

Rに、
「なんの問題だったんだ?そんなに壊れていたようには見えないが?」
「原因は、ソレノイド・バルブが一個壊れていただけなんだ、ところが馬鹿みたいなことがあって、、、」
聞きましたら、数が月前に機械がこわれた(射出スクリューが回らなくなった)

直ぐにある修理屋を呼んだら、
ソレノイドだ、電線だ、と言って、電線外して持って帰って、それっきり現れない。

次の修理屋を呼んだら、
<バルブの問題だ>と言って、バルブを持って帰って、これまた現れない。

第三の会社、
バルブじゃない、制御基板だ! と叫んで、配線外して、これも現れない。

機械はバラバラ。この三社には手付金を支払済!。

社長さんは怒るよりも呆れ返って口も開かない。
設備担当者は社長の前にでられない。

そうこうしているうちに R に声が掛かったのです。
成形機を見た R と部下たちは、その場で、コレをああして、アレはこうして、、と段取り完了。
設備担当者に説明して、
「明日から始める、手付は要らぬ、その代わり生産できたら即刻払ってくれ」
社長ほか一同承知しました。そこで修理開始したのが先週でした。

持ち去られたバルブの代替えは遊休設備から外して充当。
配線は注意深く復旧して、一箇所ずつ動作確認。
ポンプ回った、油圧が立った、ヒーター昇温した、手動でスクリューとシリンダーが動いた。
ままよと、自動運転したら、動いた、製品出来た。
やってみると、油圧シリンダがチョットおかしい、ギクシャクしてる。それでは、というのでパッキンを変えたり、磨いたり、ほぼ完全!?になりました。

R と部下たちはやるべき事を当たり前にやっただけなんです。
翌日、一日、立会で確認運転しました。無事生産しています。
社長さんは、ニンマリ、担当者は社長の顔を直視できる。
もっと喜んだのは、社長の奥さんでした。経理担当の彼女は、機械が壊れたので、外注支払が増えて頭を抱えていました。
社長は、私に奥さんを紹介するときに、<コレは私のボスです> と言ってました!!。
さらに、奥さんは R の請求書を見て
「ハ? アレ? なんで?」
出来ない三社に払った手付総額より安いのです。
R は
「バルブはお客さんの遊休品、買ったのは油圧シールだけ、設計もしてないし、またのお付き合いを!」


日本の皆さんは、
<たったバルブ一個の問題がナンでそうなるんだ?>
とお考えだと思います。

まったくそんとおりなんです。たった一個です。ところが、、、、なんですね。
目利きが少ない、いないのです。知ったかぶりはタクサンいます。

多いに考えさせられる一件でした。ともかく生産再開して良かった、ヨカッタ。


is130gn.gif

この写真は記事には無関係です。射出成形機の外観例としてのせます。


なお、壊れていた成形機は、原型は三菱重工さんの直圧1000トン機らしいのです。これが中古で台湾に渡って、おそらく壊れていたであろう油圧サーボなどを取り外して手動設定に変更、操作盤を中国語に作り替えて、翻訳変更の難しい文言は日本語や英語のままで、フィリピンに持ち込んだようです。逞しいですね。


.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン




の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


.

マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。