フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70億人目の赤ちゃん誕生を祝うフィリピン

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2838264/8013825
  ↑  ↑
URLを御覧ください。


CapD20111031105345.jpeg


とにかく、お誕生おめでとう御座います。

普通の、並家庭の、お母さんから生まれた赤ちゃんデス。





うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

河川曝気装置 スコティッシュに翻弄された?

この写真は、フィリピン共和国大統領府直下の河川管理機関と、当地のテレビ局ABS-CBNが運営する財団が、スコットランド人の流暢な英語に翻弄されて買い込んだ、河川用の曝気装置です。
合わせて四台、ざっと一千万円以上です。

111026 PACO (12)

111026 PACO (8)


ほとんど役に立ちません。
この装置の500mm脇で、盛んにメタンガスが出ています。

111026 PACO (3)

なお、この4台の電気代が一ヶ月に20万円だそうです。
これはフィリピンの国民の税負担になります。
管理機関はビックリして、1台だけ運用、三台はお休みです。

関係者のだれもが "こりゃ駄目だ" と思っていますが、口に出しません。
何故なら、財団のエライおば様とスコットランド人が、お友達なんです。
イヤハヤ・・・

英国では役立っていると思えます。
しかし、それをそのまま亜熱帯のフィリピンに持ってきて、役立つと思ったか?、思わなかったか?
はてさて?
伊勢屋の本音 "上手くいく訳ないでしょうよ。お◎カ者メが。。"


で、ご関係者様御一同が伊勢屋の顔をみて 
"なにか良い知恵はありますか?"
なくはないが、スコティッシュと揉めるかな?
マレー沖海戦の再現かな?
数年前に、正真正銘のスコティッシュ、キルトを着たスコティッシュに、
"数十年前、貴国海軍は、我がプリンス・オブ・ウェールズを不意打ちで撃沈した、ケシからぬ行為である"
と言われてます。
貧乏国に役たたぬ物を売りつけて千万円のお金を取る。
どっちがケシカランか分かるか・・・・
悪口オシマイ。






うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

河川環境問題


フィリピン環境問題、とくに河川や湖沼の水質問題について書きます。
よろしくお願い致します。


111013 Estero DE Sampaloc (7)

上の写真はマニラ首都圏マニラ市の、Estero De Sampaloc (サンパロック堀)です。

護岸に鋼矢板を打ち込んで、河川敷をコンクリート舗装してしまいました。
都市洪水対策なのです。
この写真の300mほど先には水門があって、パッシグ川本流と遮断しています。
大雨と高潮が同時にきたときの洪水対策です。
川の水は、一日に一回、2時間ほどポンプでパッシグ川へ排出します。
一応効果はあったようで洪水は減りました。
しかし、鐵とコンクリートの護岸には、水を自然浄化する働きがありません。
ポンプの働かない22時間は水は流れません。死に川が出来てしまいました。
川が転じてただの水路です。
水は汚れ放題なのです。只今のBODは35mg/Lほどです。

この護岸工事は日本の資金援助で行われました。








うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村

マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。