FC2ブログ

フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

開発途上国の環境改善対策コストの行方は!?

初めにこれが微妙な課題だということをお断りしておきます。
そして、伊勢屋は、仕事として環境改善に関わっています。
しかし、この暫くの間のブログ記事をご覧頂いてご理解を求めたいのですが、
知識の無い国にナニかを持ち込んだらボロ儲けできるとは、
決して、絶対に、考えてはおりません。

これだけは確実に再掲しておきます。
また、当地で環境改善関連でボロ儲けを企んで、あてが外れて敗退した方々多数有り、これも明記しておきます。


問:何故環境汚染がおきるのでしょうか?
答:人間が、本来自然界に無いやり方で、産業をすすめたからです。

問:どのようにすれば環境汚染は防げますか?
答:自然界に本来無かった産業を直ちに廃止すれば良い。

問:それは可能でしょうか?
答:実際には出来無いでしょう。

問:じゃ、どうすれば良いのでしょうか?
答:自然環境を変えないような仕事のやり方をしてください。

例えば、
仕事で汚した水は、綺麗にしてから排出してください。これは、ある品物をつくるために、世界中どこにいっても同じなのですよ。
日本では コンな 排水だ。 フィリピンだからアンな排水 で良い、良いだろう、じゃありません。
日本やフィリピンの行政機関が決めた排水を排出しなければなりません。そのためにはお金が掛かるのです。
決めるのは、それぞれの地域の社会です。


話変わって、日本の多くの会社がフィリピンに工場を持っています。その理由は 【総合的にコストダウン可能】 だからでしょう。

日本から持ち込む設備:
日本より高価になりますね。運賃加算です。でも一回運べばオシマイです。

人件費:圧倒的に安いです。当地の人は雇用があって助かります。

建築費:安いですね。

維持経費:安いでしょう。

環境監査行政部門の喧しさ:日本よりは静かでしょう。排水基準は日本よりも緩やかです。ここの監査員は強制を嫌います。そんな国民性です。
但し、彼らに嫌われたら 御取り潰し にあうでしょう。

輸出工業団地では、まず御取り潰しはありませんが、地元地域で華僑が経営しているメッキ工場かなにか、いつになっても言うことを聞かずに垂れ流しをやっていました。
これまで、と決めた環境監査員さんは、市長さんの正規の令状を持って、武装警官数人と人足さん数十名を同行して、踏み込みまして、二度と操業できない状態にぶっ壊してから引き上げました。従って嫌われないことをお勧め致します。
なお、武装というのは、実弾を装填したM16突撃銃と45口径自動拳銃、そしてアーマー・ベスト着用して、何時でも至近銃撃戦に備えている、という意味です。

これは、世上良く言われる【フィリピンは金でどうにでもなる】以外の話です。
もし【金でどうにかしようとしたら】際限無くお金がいるでしょう。試しにやってみてください。閑話休題。


というような訳で、当地で生産をするとコストダウン可能なのです。


ここで、排水基準は日本よりも緩やかです。万が一異常があっても監督は強制をしない(ことはありませんが緩やか穏やか)。 となると、日本よりも汚れた水が河川・湖沼に流れ込みます。実際に流れ込んでいます。

世界の湖(15) バイ湖〔ラグナ湖〕(フィリピン)

いま、この状態で、工場の運営は、バランスしているのです。

バランスとは、フィリピンから日本を含む外国へ輸出される 電子機器 や その他の機器類の価格が、あるところで安定している、ということです。

翻ると、このバランスが崩れると、例えば、皆さんがお使いのコンピュータや電子機器の価格は上昇します。
環境対策経費上昇→製造原価上昇→輸出価格上昇→最終製品価格上昇
行き場のないコストはお客様に反映。古今東西世の常人の常。

いつまでも、フィリピンの環境監査員さんが穏やかであることを、希望しますが、これは冗談です。

輸出工業団地からの排水を流し込まれている湖の汚れは、既に限界です。
平均水深7mの湖底に溜まったヘドロ堆積高さが4mです。


そのような現実の上で【電子機器他の価格】は安定しているのです。

これが冒頭に書きました 微妙 の意味です。

なお、問題は、輸出企業だけで無いこと明白です。

ここで、じゃあ、どうするんだい?

フィリピンの環境改善と社会資本向上のためにお金を使ったら、それらは消費者向け価格に翻ってくる。
そんなァ~~~。

この そんなァ~~ の気持ちもわかりますね。


フィリピンにお見えの方が時々、
「なんでココはこんなに汚ね~~んだ、馬鹿ばっかりだからだな!」
と仰います。が、その方は、
その馬鹿(即ち◎▲な社会)のお陰で、
それなり価格のパソコンなどをお買いになれる、、、ということなんです。
汚くて嫌なら遊びに来なければ良いのになァ。言いすぎでしょうか?

その場(社会環境)が、汚い、綺麗、何故か? どうして綺麗にできないか? という話題には、伊勢屋は面白い実体験をもっています。後日改めて紹介しましょう

でも、湖は、瀕死です。
【環境】 世界銀行、ラグナ湖浄化プロジェクトへ融資決定

上空から見たラグナ湖とマニラ首都圏です。
CapD20111106124906.jpeg


うむウムと思った方ポチっとク、リックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



地球上全部をみてナニが正しいか?を考えなさい。日本では年間約200万トンの繊維製品が廃棄され、半分の約100万トンが衣料品だ。


初めに下記のニュース記事を引用させて頂きます。

衣料品からバイオエタノールを製造する技術を開発。

綿をバイオエタノールに転換する技術開発には敬意を表します。
決して揶揄じゃありません。


日本では年間約200万トンの繊維製品が廃棄され、半分の約100万トンが衣料品だ。
  ↑
その不要衣料品を衣料品として、または衣料素材として再利用することを考えましょう。
それがこの世の当たり前でしょう。
開発された新技術 と この世に有効な事柄 は異なるのです。


綿1トンから最大700リットルのバイオエタノールが製造できる。
  ↑
綿を栽培するにはどのような企業活動と環境への影響があるか?

なお、私は "環境お大切の活動家" ではありません。
環境改善事業、即ち商業活動に関わる老朽技術屋です。

何々をすれば必ず役に立つ、などと押し付けたり、頑張ったりしたらイケマセン。
全ては、この世の中とのバランスです。
世の中とは世界中、地球上全部です。

ここ ↓ に衣料廃棄物や不要な衣料品を持ってきて頂ければ、120%再生利用確実です。
payatas-siteFL000003.jpg
payatas-kidFL000006.jpg
payat-scav-dumpFL000017.jpg

この写真は東海大学の鳥飼先生のサイトからお借りしました。有難う御座いました。
http://www.geocities.jp/torikai007/pic-payatas.html

パヤタスについては下記をご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A4%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88

最後にもう一度、
地球上全部をみてナニが正しいか?を考えなさい。

うむウムと思った方ポチっとク、リックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

フィリピン人の気質・性格!?

以下は、中傷、誹謗、悪口、等々、負の話題では御座いません。
分析(大袈裟)です。

普通(ここが肝心)の、どこにでもいるような人に、
火急でない軽い話題について電話やメールで
「その事は、近々会ってはなしましょうか? 如何?」
と、投げかけた、とします。
「そうですね、じゃ、互いに都合の良い日取りで、何時が良いでしょうか?」
と返ってくるのが、私達の想い。
ところが、80%以上のチャンスで、
「貴方、今日の何時に、私を訪問しますか?私は何処其処で貴方に会いたい。」
と、前のめりに、焦って歩いているような、、返事が返ってくるのです。
そして、
「何時ですか?返事待つ。」
という、メールが入り続け、挙句の果てに、
「なんで返事をしてくれないんだ、私は多忙だ!。」
という連絡が来ます。

私は、このあたりで、もう萎えてしまって、会いたい気持ちは失せます。
思い込み、既成概念、石頭、からはなにも生まれません。
相手は、チャンスを失っています。

私はもう10年以上フィリピンにいます。このようなことにはもう慣れっこです。でも、多少はイライラします。
そこで、何故、こうなるか? なのです。
単純に、我儘なら、国民総我儘になってしまいます。
そうかな? そうは思いたくないな!が本音です。
何故なら【仕事で周囲に居る人達】との間では、こんな現象はおきません。


この逆で【何時になっても返事が来ない】という現象に遭遇します。
相手のこちらに対する優先度が低いのですね。
これは、手を替え品を替え、なだめて、こちらを向かせることになります。

うむうむ、そうか!? 中庸がないんだな。納得です。
でも、中庸ばっかり狙って上手くいかないニッポン国でもありますね。

(女性読者のお怒りをかいそうですが・・・・)
例えて言えば、醜女の深情け、そして、美女を口説いている、と思えば良いのでしょうか?

なお、漏れ伺いますと、近年日本の若い方々の間でも、同じような現象がおきているようですね。困ったな!と思うと同時に、何故そうなっちゃったか?を考えてみたほうが良いです



下の写真は、先月の台風高波で崩壊した、マニラ湾の護岸です。
DSCN1994.jpg

現場で目視すれば、
手抜き工事!?
工法を知らなかった!?
ハテ?
と、気づきます。

DSCN1989.jpg


うむウムと思った方ポチっとク、リックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび