FC2ブログ

フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

所変われば品変わる。七輪。

写真は、日本でいえば 七輪 です。
ポルトランドセメント・モルタルを、空き缶の内側に流しこんで整形して、作ってあります。
フィリピンにも珪藻土(diatomaceous earth; kieselguhr.)はあると思うのですが、日本のような七輪は見たことがありません。
これぞ 所変われば品変わる の代表事例です。


pict-七輪 (1)

pict-七輪 (2)

pict-七輪 (3)
   ↑
豚のアバラ肉を焼いています。当地の豚肉は美味しいですよ。


珪藻土の説明

七輪の説明


燃料は当然木炭です。
田舎に行くと今でも主要燃料です。何故ならLPガスの流通問題です。山奥までLPガスを運ぶなら、目先にある木を燃やせ、炭を作れ、となります。
しかし、この原料は、間伐材などではなく、山の潅木を手当たり次第伐採しています。
日本で言う 硬い炭 備長炭 のようなモノはありません。原料の質と炭焼技術の違いです。

木炭は都心部でも売っています。
LPガスは高価です。10kgで1300円ほどです。
そこで、木炭のほうが安価だ、、、となりまして、ある日、木炭で調理を始めますが、火熾し、火加減、後始末、が厄介で、三日坊主ならぬ一日小僧でオシマイになります。
最近、マニラ首都圏では、焚き火の出来無い若い人が増えています。まあ当然ですが。

この頃、効率の良い木炭焜炉が売られています。どこかで見たら写真を紹介しましょう。

なお、当地の燃料用ガスは、LPガスでなくて、LBガス、即ち 液体ブタンガス です。当地は気温が高いので、ブタンでも充分に自然気化するからです。日本でも、九州、沖縄では、燃料ガスのブタン配合比は高いはずです。



うむウムと思った方ポチっとク、リックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび