FC2ブログ

フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単位

 日本では、計量法という法律の定めがありますから、メートル キログラム リットル という単位を使います。フィート や ポンド 、 ガロン は使いません、使ってはイケマセン。

 ところが、世界は広いのです。インチ フィート ポンド がまかり通っています。 実際に現場で、初めてこれに遭遇すると、目が回ってひっくり返ったような感触に見舞われます。私の場合は、高さ10mのタンクの上で、突如メートル法とヤード・ポンド法の換算が始まりました。片付けないと炎天下のタンクの上から降りられない。まあ、なんとかダマぐらかして降りてはきましたが。


インチの考え方、ある意味これは便利なのです。

寸法はインチ(25.4mm)でどうだ?

いやいや 大きいな、、、

そうか、じゃ 半インチ じゃどうだ?

そりゃ 小さすぎるわ、、、、

じゃ、3/4じゃどうだい? ここらで間に合うだろう。

ヨシ、それでイイよ。

 こんな会話、即ち感覚なんですね。もちろんこれでは精密機械はできません。しかし大工仕事や鉄工仕事ですと、ある意味合理的なのです。おそらく、寸法別に材料を在庫するときにも便利だと思えます。

 ここでインチを表すときに、1.5インチ や 1.25インチ という場合があります。デシマルと言います。でもですね、これは 味がありませんね。これは ワン・ハーフ や ワン・クオータ でないと雰囲気がでません。

 また 7/8 や 9/16 と口にして、その実寸法が頭に浮かぶ、一瞬でmmとの換算をやってのける、こりゃ頭のヨイ人ですよ。  フィリピン人はこういう人がいます、少しだけこう言いたいです。なぜこんなことが必要かと言いますと、インチの材料を買って、ミリの図面の品を作るからです。

 このインチにポンドが引っ掛かり、PSI というのがあります。ポンド・スケヤ・インチ 1平方インチあたりに加わる力(厳密には違いますが)すなわち圧力です。
また GPM ガロン・パー・ミニッツ 1分間あたり何ガロン流れるか、、

 そこで、当地におりますと、インチ ミリ フィート ポンド キログラム メガ・パスカル ガロン その他諸々、、、これらの換算がピンと来ないと配管工事はできない、間違うと材料の損がでる。こういうことです。

 なお、メートル法は メトリック と言います。 インチは インペリアル(即ち英国制です)いまだに大英帝国です。

下の表はなかなかよくできた換算表です。
コレを使って厚さ10mmの鉄板を求めるときは、25/64です。が買いに行くとこんなモノは在庫がないので 13/32 を持たされます。そして、よく言いつけておかないと、7/16を押し付けられて帰ってきます。



インチ換算m_dec


なお、40インチ!! というとグラマーな女性をあらわす表現です。
上の表で換算してみてください。

ヤード・ポンド法、インペリアルには、色々な話しがあります。これはまた改めて。


.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

コメント

No title
山のおやじさん。

そうなんです。
「こんなもんで、まっいっか」
これは出来ないので、
非常ではないですが、困ります。しかしこの頃コツをつかみまして、
上手くこなしてます。
手前味噌ですが、ノウハウ でしょうか?
iwashi|2010年05月24日
No title
簡単な日曜大工でも、この壁にぶつかります。角材一つ、ボルトやナットにもこのインチとメートルの壁が有ります。
私が使うスケールやメジャーはセンチです。材料を買いに行くと、インチです。
工具は日本のオートバイなどはセンチ、中国製や比国製や米国製はインチ。
お陰で2種類の工具が必要に成ります。
当然フィリピン・スタイルになり、「こんなもんで、まっいっか」となります。
でもお仕事だとそうは行かないわけで、非常に大変でしょうね。^^
山のおやじ|2010年05月24日
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwashi916.blog71.fc2.com/tb.php/143-d3b9a595

マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。