FC2ブログ

フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視野

フィリピンで仕事をしますと、フィリピンの人と一緒に働きます。
そこでフィリピンの人の特性を理解したいのです。

視野:
今日は、視野です。

 視野は、狭いのです。  左へ30度、右へ30度、合わせて60度 じゃないかな? という人がタクサンいます。

 私たち日本人ですと、左右それぞれ95度くらいは見える、注意の範囲に入ってる、と思えます。しかし当地の方々は左右が見えません。理由は分かりませんが、よく起きることは、横顔を見ていても一向に気づかない、呆れて肩を指で突っついてみる、すると

「ギャー、、驚かさないでください!!」

言いながら左胸に手を当てています。動悸ドキドキになっているのです。本当に吃驚しています。

 もう一つ、当地の人は、真っ直ぐにモノをつくれない、これもよく言われます。実際によく曲がっています。いい加減だ、駄目だ、なんでソンナことに気づかないのだ、、と言われます。 でもこれは視野に関係あるのじゃないかな?と思っています。気づかないのじゃなくて、見えてないのではないかなと思うことがあります。

 視野が狭い、余分なモノは見えない。集中できる。という事なのかもしれません。しかし反面、文字どうり視野が狭い、すなわち頭が固い、という人にもショッチュウ遭遇します。 物理的な視野と俗に言う石頭は関係があるのでしょうか? このような調査結果はどこにもないと思えますが、当地におりますと嫌でも経験することなのです。

.
うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン



の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwashi916.blog71.fc2.com/tb.php/145-425a3254

マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。