フィリピン環境・都市排水対策・河川湖沼・水源水質問題

現地の眼で見て、考えて、フィリピンで出来るやり方で実行です。気候風土・経済状況が違うのです。押し付けは駄目ですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに強制排除 規制ハズレ排水

--------Philippines Environmental Engineering--------
まずここをクリックしてニュース記事を御覧ください。
一昨日、ラグナ湖管理公社が、マクドナルドと他一店の排水を強制排除しました。

Google で翻訳すると以下のようです。
LLDAはダウン2事業所の排水設備をシャットダウン
マニラ、フィリピン - それらは汚染物質を排出することが判明した後のラグナ湖開発公社(LLDA)が市のパシグのマクドナルドの支店とカロオカン市のキングスーハムとソーセージ(株)の排水​​施設の停止を命じたとき。

またLLDAゼネラルマネージャーである環境保護ネレウスアコスタ、、大統領顧問は、昨日の2施設に対する操作を導いた。

J.バルガスコーナーフロンテヴェルデアベニュー、Ugong、パシグ市にある"マクドナルドは、継続的に法律で設定された排水基準に適合することなく、公害をもたらす排水を排出するから、その施設、設備、機械と同じような実装の原因を営業の差止めを命じている最終的にはラグナ湖へ排出する公害をもたらす廃水の排出は、そうでないので、この権限により、命令がない限り、"LLDAの順番は言った。

マクドナルドフィリピンではその部分に対して、会社がそのすべての店舗がすべての政府規制の遵守を確実にコミット残っている公衆を保証。

"我々は、水質汚染防止法に基づく規定にしたがって排水システムを更新したり、インストールの過程にある。 このプロセスの間、我々はすべて私たちの食品の準備や衛生に使用する水は安全で清潔であること、すべてのお客様を確保したい、"マクドナルドは声明で述べている。

"我々は完全に彼らの保護と保全活動におけるDENRとLLDAをサポートする、"それは付け加えた。

両社は2011年4月25日からP1、操作の一日あたり000の支払いを命じられた。

LLDA、企業は2011年7月25日以来の指令を遵守できなかったと述べた。

西グレース朴、カローカン市で第402 Tandangそらストリートコーナー1番街に位置するキングスーは、、また、汚染物質を排出していることがわかった。

LLDAは、その水の汚染を解決する適切な治療のための水処理施設ですべての排水を迂回または集中化に必要な行動をとる、と完全にそして永久に食器洗浄エリアでバイパスして排水をクローズするための措置を採用する会社に指示した。


翻訳文オシマイ。


ここで、シャットダウンとは、排水口を塞いで規制外排水が流れ出すのを阻止することです。従って仕事はできなくなります。

マクドナルドの声明は言い訳に過ぎません。
率直に言えば、>誠に気の毒なことに、この言い訳を言わざるを得なかった< です。
何故なら、<当地において、この類の排水を、商業活動の中で、当地での妥当なコストで処理する方法は、未だ見出されてない> からです。
これは、この暫くの間、当地でこの手段を見いだせずにいる伊勢屋が最も熟知しています。
排水を出すか?
商売を止めるか?
現実は二者択一なのです。

なお、伊勢屋は、この両社を援護する考えは毛頭ありません。
規制外排水を流しては駄目です。
しかし、事業者にとっては手段が無い。
敢えて言えば、マクドナルドが利益を削って、すると当然近々に値上げになる、、、ついでに便乗値上げ・・・・これを受け入れるならば、手段はあります。

お次、一日当たり1000ペソの罰金!!
これは両社にとって、毛の先のゴミみたいなものです。
なんでもアリマセン。
と、言う訳で、伊勢屋の感想は、
<なんで今、この両社なんだ?>
なのです。
マクドナルドは有名飲食店の代表。
他の一社は食品工場大手として知られています。
そして双方を苛めてもそれほどの政治的なしっぺ返しはかえってこない・・・・とよんだ・・のでしょう。
これが、サンミゲルや、シューマートだったら、、
とても、とても、出来る訳はアリマセン。

さァ、これからどうなるか?
伊勢屋の最大関心事なのです。


昨年10月、LLDAの技官同行で、ケンタッキーフライドチキンに、立ち入り検査、実際には問題の規制外排水を採取に行ったことがあります。
店長さんは、LLDAと聞いた瞬間、、硬直、真っ青、直立不動・・・
<しまった、排除されそうだ・・・私ゃ首が飛ぶ・・・>
こう思ったらしいです。
技官が、
「今日は、内緒で来たの、なんにも言わないから採水させてよ。」
それでも店長さんは、引き攣っていました。

LLDAは、マニラ首都圏と近隣各州のあらゆる事業所への、強制立ち入り検査権限と、排除命令発動権限を持っています。輸出加工区内の日系工場に対しても同じです。



うむウムと思った方ポチっとクリックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwashi916.blog71.fc2.com/tb.php/281-f5a0ebdd

マーフィーメッセ

広告・宣伝

PTFE加工40年の経験と実績!化学装置の部品でお困りの際はご連絡下さい。お待ちしています。 〒561-7679 大阪府豊中市原田南1-6-4 Tel.06-6867-6072 Fax.06-6867-6082 email.kenji-hirano@bird.ocn.ne.jp

フィリピンの環境、特に河川や湖沼の水質問題をテーマに致します。

フィリピン、とくにマニラの都市河川は汚れています。 これを改善したいのです。 すぐヤル■必ずヤル■出来るまでヤル ■ 上記は日本電産株式会社さんの標語です。お借り致します。 更に、地べたからモノをみる。 上から見て能書き言わない。 上の学校に行った人よりも、下の学校にしか行けなかった人、それすらも行けなかった人の意見を聞いてみる。必ずや真理が隠れている。 自分で正しいと想ったことはハッキリ言う。

皆さんのリンク

最新記事

プロフィール

伊勢屋廣平

Author:伊勢屋廣平
フィリピンに住んで既に14年。
工場設備機械に関わって35年。
不思議な縁で、フィリピンの河川や
湖沼の浄化、
そして水道浄水場、都市排水処理施設、ビルの排水処理等々に関わっています。
皆さんのご指導をお願い致します。
連絡は
tabibito916@gmail.com
宛にお願い致します。

!!マニラ時刻!!



04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

しのび

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。